三浦菜々子生誕祭2020

 2020年9月19日に三浦菜々子生誕祭2020がduo MUSIC EXCHANGEにて開催された。


 5月から毎月続いていた白キャンメンバーの誕生月間のラストでもあり、会場は開演前から熱気に包まれていた。


 SEに続いて流れるのは特徴的なビート。青木プロデューサーが唯一作詞を手掛けている白キャン屈指のレア曲、まさかの『Begin』で生誕祭はスタートした。


 誰もが予想していなかった選曲に会場は声出し禁止ではあったものの、そのざわめきと歓喜の声が聞こえるかのような興奮に包まれた。


 2曲目は白キャン屈指のエモーショナルな曲である『セルフエスティーム』。そしてそこに続くのは『アイデンティティ』に『白祭』という盛り上がるナンバーでガラッと雰囲気を一変させる。


 この白キャンファンの心情を知り尽くしている三浦さんのセトリ構成に、始まったばかりのこの日のライブが間違いなく成功することを確信させる。


  MC明けは会場の盛り上がりをさらに加速させる『ダンスインザライン』でスタート。


 この勢いのまま進むのかと思わせたところで、今度は三浦菜々子の代名詞とも言える『モノクローム』のイントロが流れ、バラードでありながらも会場のテンションは上昇するばかり。


 そして極めつけは生誕企画として三浦さんのソロ歌唱で披露されたONE OK ROCKカバー『Wherever you are』。


 元々は男性の歌唱であることに加えて難易度も高い本曲を、彼女自身の世界観で歌い上げるその声を会場にいる全ての者が聴き入っていた。


 ライブの後半戦も考えに考え抜かれたセトリ構成。『いま踏み出せ夏』、『HAPPY HAPPY TOMORROW』、『PART-TIME DREAMER』の後にケーキタイムを挟んで 『Whatever happens,happens』、『SHOUT』、『全身全霊』はこれ以上ないほどの完璧な流れ。


 最後は『共に描く』で締めくくったのは、次の白キャンの大型ライブが3周年記念ライブとなることも考えて選択されているようにも思え、三浦さんの白キャンというストーリーへの深い理解を感じさせられました。


 三浦さんの歌の実力は誰しも認めるところですが、その実力に反して非常に慎ましやかな性格でもあります。今回の生誕のソロ企画も最初は行うつもりはなかったようですが、橋本美桜さんの強い後押しによってすることが決まったようです。


 白キャンの歌姫の声をこれでもかというくらいに満喫することが出来た今回の生誕祭。長く続いた白キャンの生誕祭月間を締めくくるのにふさわしい素晴らしいライブとなりました。


 

三浦菜々子生誕祭2020 セットリスト

1.Begin

2.セルフエスティーム

3.アイデンティティ

4.白祭

~MC~

5.ダンスインザライン

6.モノクローム

7.Wherever you are(ONE OK ROCKカバー)三浦ソロ

~MC~

8.いま踏み出せ夏

9.HAPPY HAPPY TOMORROW

10.PART-TIME DREAMER 

~ケーキコーナー~

11.Whatever happens,happens

12.SHOUT

13.全身全霊

~MC~

14.共に描く



キャンバスは真っ白~真っ白なキャンバス 応援サイト~

真っ白なキャンバスの応援サイトです。白キャンに関する最新のニュースにライブスケジュール、歌詞や今までのセトリなどを公開しています。

0コメント

  • 1000 / 1000