麦田ひかる生誕祭2019 まとめ

 真っ白なキャンバスの麦田ひかるの生誕祭が2019年6月23日にTSUTAYA O-nestにて開催された。


 本公演はすべて麦田ひかるプロデュースとなっており、生誕ライブのセトリはもちろん、メンバーの髪型を考えたり、生誕Tシャツのデザインも作成、そしてメンバーが着用していた襟や髪飾りなどの飾りを作成するなど彼女のセンスが存分に発揮される内容となっていた。


 ライブではメンバー全員が今回の生誕Tシャツを着て登場し、1曲目に『アイデンティティ』が流れると一気に客席のボルテージが上がる。


 アイデンティティに続いては『白祭』、『Whatever happens,happens.』という盛り上がり曲が続き、その後の4曲目に披露されたのは『清涼飲料水』。本日の主役の麦田ひかるが一番好きな曲であるが、ライブではなかなか披露されないレア曲が登場し盛り上がりにさらに拍車をかける。


 生誕祭では主役が選んだカバー曲を披露するのが恒例となっているが、昨年度の生誕祭ではカバーの披露はなかったが、今年の生誕祭ではまねきケチャの『ありよりのあり』をカバー。さすがとしか言いようのない楽曲のチョイスに会場に集まったファンは大いに歓声を上げていた。


 ラストの『SHOUT』では生誕委員が用意した光るブレスレットが一斉に点灯される。麦田ひかるが一番好きな色と述べている緑色の光に会場が包まれ、ライブは一番の佳境を迎える。


 そして、生誕恒例となっている『SHOUT』の落ちサビを麦田ひかるが歌いあげ、最高の雰囲気のままライブは終了した。


 ライブ後はそのままケーキタイムに突入。今回作成されたケーキはファンのパティシエが制作した特別仕様。ステージ上でつまみ食いをするほどのテンションの上がりよう。無邪気にはしゃぐその姿は会場を訪れたファンを幸せな気持ちにさせていた。


 締めは本日の主役の麦田ひかるが行った。普段の彼女のトークは小さめの声であるが、この日最後の挨拶はかなり大きな声でされていたのが印象的であった。会場に来てくれたファンへの最大の感謝を示す彼女の気持ちの表れだったのかもしれない。


麦田ひかるさんメッセージ

「今日は私の生誕祭に来ていただき、本当にありがとうございました。」


1.アイデンティティ

2.白祭

3.Whatever happens, happens.

4.清涼飲料水

5.ありよりのあり(まねきケチャ カバー)

6.闘う門には幸来たる

7.untune

8.全身全霊

9.PART-TIME DREAMER

10.セルフエスティーム

11.My fake world

12.SHOUT

『セトリ提供 むねっちさん(@Wm3gtF )、セトリ添削指導 橋本美桜@真っ白なキャンバス




キャンバスは真っ白~真っ白なキャンバス 応援サイト~

真っ白なキャンバスの応援サイトです

0コメント

  • 1000 / 1000