橋本美桜生誕祭2019 まとめ

 2019年7月28日(日)にSHIBUYA TAKE OFF 7にて『橋本美桜生誕祭2019』が開催された。


生誕祭のチケットは事前に完売しており、当日券の販売は残念ながら行われないほどの大盛況。


 ライブではメンバー全員が今回の生誕Tシャツを着て登場。1曲目には『アイデンティティ』、2曲目には『清涼飲料水』が流れ、ファンの心理を知り尽くした橋本さんらしいセトリに会場は大いに盛り上がった。


 生誕祭企画のコーナーでは1曲目に橋本美桜と三浦菜々子の2名で『モノクローム』を歌唱した。この二人はかってツイキャスにてカラオケ配信を行った時にモノクロームを披露しており、その際に大絶賛だった1曲が生誕祭の舞台で披露され、会場はその美しい歌声に聞きほれていた。


 そして、企画の2曲目は橋本美桜と小野寺梓の2名でまねきケチャの『きみわずらい』をカバー。アイドル力抜群の2名による曲の披露に会場のボルテージはさらに高まる。


 生誕企画に続いては普段はあまり披露されない『Begin』と『My Fake World』が披露され、その後は『PART-TIME DREAMER』、『全身全霊』、『Whatever happens, happens.』という鉄板曲が続く流れはさすが橋本プロと唸らせるセトリ構成。


 ラストの曲はこれしかないという感じで『SHOUT』が登場。生誕恒例となっている落ちサビを会場一面がサイリウムでピンク色に包まれるなか橋本さんが歌いあげ、最高の雰囲気のままライブは終了した。


 本編終了後はバースデーケーキの進呈があり、あまりの大きさに橋本さんが絶叫する一面も。その後のサプライズでは橋本さんの母親と姉からの手紙の朗読が行われ会場が幸せな空気に包まれる中、生誕祭は終了した。


橋本美桜 コメント

「私もTシャツとかいろいろ時間かけて考えていたんだけど、絶対みんなの方が時間かけてたなってくらい。いつも返してもらってばかりで全然恩返しが出来ていないので、みんなでメインステージ取ってお礼言えたら良いなって思います。今日は本当にありがとうございました。」



1.アイデンティティ

2.清涼飲料水

3.HAPPY HAPPY TOMORROW

4.白祭

5.モノクローム(橋本美桜、三浦菜々子)

6. きみわずらい(まねきケチャカバー / 橋本美桜、小野寺梓)

7.Begin

8.My Fake World

9.PART-TIME DREAMER

10.全身全霊

11.Whatever happens, happens.

12.SHOUT

『セトリ提供 むねっちさん(@Wm3gtF )』










キャンバスは真っ白~真っ白なキャンバス 応援サイト~

真っ白なキャンバスの応援サイトです。白キャンに関する最新のニュースにライブスケジュール、歌詞や今までのセトリなどを公開しています。

0コメント

  • 1000 / 1000