三浦菜々子生誕祭2019

 2019年9月22日に下北沢GARDENにて『三浦菜々子生誕祭2019』が開催された。


 下北沢GARDENは2ndワンマンライブ『Not idle but "idol"』が行われた真っ白なキャンバスにとって思い出の会場であり、この生誕が告知されたときからファンの中で期待度が高く、 下北沢では最大規模クラスの600人のキャパの会場は大入りとなっていた。


 ライブではメンバー全員が三浦菜々子デザインの生誕Tシャツを着て登場。ボルドーの色合いにパズルをイメージしたデザインはセンスが高く、生誕という特別なライブに向けてのテンションが高まる。


 SEに続いて流れるイントロは『SHOUT』普段は小野寺梓が歌っている落ちサビを、本日の主役の三浦菜々子が歌い上げ歓喜の大歓声が上がる中、『白祭』、『Whatever happens, happens.』という白キャン屈指の湧き曲が続き、会場のボルテージは初っ端から最高潮に。


 MCを挟んでの中盤戦は先ほどとはうって代わって『セルフエスティーム』、『モノクローム』、『My fake world』というエモーショナルな楽曲が続き、真っ白なキャンバスの誇る歌姫、三浦菜々子の圧倒的な表現力と歌唱力にファンは聞き惚れる。


 生誕祭のセトリはその日生誕のメンバーが考えており、カバー曲が披露されることも多い。


 三浦菜々子の歌唱力をもってすれば、どのようなカバー曲でも生誕祭の見どころにすることも可能であったと思われるが、今回の生誕祭は5か月続けての開催であったり、リリースイベント期間真っ只中でメンバーも多忙を極めていることから白キャンのオリジナル曲のみで構成したとのことであった。


 生誕祭という自分が主役となる場面でも他者を思いやる、優しい彼女らしいエピソードは、三浦菜々子という存在が真っ白なキャンバスに居てよかったと思わされる。


 ライブの後半は『アイデンティティ』からスタート、『全身全霊』、『 HAPPY HAPPY TOMORROW』と怒涛のラッシュ。そしてラストに『PART-TIME DREAMER』が披露される。


 この曲でも普段は小野寺梓が歌っている落ちサビを三浦菜々子が歌い上げ、ライブは最高のテンションのまま終了した。


 本編終了後は恒例のバースデーケーキの進呈があり、その可愛らしさに三浦さんは満面の笑みを見せた。


 一番最後に退場する際には「特典会は走らず安全に移動してください」と三浦さんからファンに向けてのアナウンスもあり、彼女のどこまでも優しい人柄に会場が幸せな空気に包まれる中で生誕祭は終了した。


三浦菜々子コメント

 今日は、本当に8月、9月めちゃく沢山ライブがあって、来てていただく方も大変だったと思うんですけど ありがとうございます。お時間を作っていただき 生誕に来ていただいて ありがとうございます。

 真っ白なキャンバス、10月、11月でツアーもあるので、是非沢山の方に来ていただきたいので、真っ白なキャンバスをよろしくお願いします。



「三浦菜々子生誕祭2019 セットリスト」

1.SHOUT

2.白祭

3.Whatever happens, happens.

4.セルフエスティーム

5.モノクローム

6.My fake world

7.いま踏み出せ夏

8.アイデンティティ

9.全身全霊 

10. HAPPY HAPPY TOMORROW

11.PART-TIME DREAMER







0コメント

  • 1000 / 1000